エステ体験のおすすめは?格安でお試し体験

蠕動(ぜんどう)運動を促進して便秘を治す?便秘の治し方と便秘に効く食べ物

便秘は女性ならば、一度は経験し、重くなってしまうと、一週間も出ないと言う人もいます。

通常ならば、毎日あるべきお通じが、何日も無いのは、正直気持ちが悪いものです。そこで、便秘になってしまう原因は一体何なのでしょうか?


便秘の原因は腸の蠕動運動が悪くなっている

私たちが食べた物は、口の中から、胃で消化され、腸で不要な物を外に排出する働きをしています。

腸では、蠕動運動によって、不要になった物を外に排出しているのですが、この働きが、加齢等によって低下してしまうことで、上手く排出が出来ずに、体内に便が溜まりやすくなってしまうのです。

その為、どんどん便は溜まり、自力では排出出来なくなってしまうのです。

蠕動運動が悪くなる理由

蠕動運動が悪くなってしまうのは、加齢の他にも、普段の生活習慣の乱れが挙げられます。

例えば、乱れた食事や運動不足は、自律神経が乱れやすく、腸の蠕動運動も鈍くなってしまいます。蠕動運動が鈍くなれば、当然、老廃物の排出が思うようにいかなくなるので、便秘がちになってしまうのです。

蠕動運動を活発化させるには、生活習慣(バランスの摂れた食事、適度な運動等)を改善するように、努力しましょう。

ストレス過多が便秘を招く

ストレスが溜まることも、又、便秘を助長させることになります。

ストレスが溜まると、自律神経が乱れ、血流が悪くなることから、各器官や臓器の働きも鈍ります。その結果、腸の蠕動運動も悪くなって、便秘は益々悪化します。便秘を解消するには、溜まったストレスを発散させましょう。

善玉菌不足で便秘に

腸内には多くの善玉菌が存在し、腸内環境を安定させており、その結果、蠕動運動が促進されるのですが、生活の乱れ等によって、善玉菌の数が減少し、悪玉菌が増えてしまうことになります。

腸の蠕動運動も上手くいかず、悪玉菌が増えることで、便秘がちになるばかりか、大腸がん等、大病を患うことになりかねません。

★つまり腸内の善玉菌を増やして腸内環境を安定させれば蠕動運動が促進されて便秘も改善されるという事

善玉菌を増やして蠕動運動を促進

腸内には、様々な細菌が存在し、その細菌の状態によって便秘を促進させてしまうと言われています。

その状態と言うのは、色々な原因によって環境が変わってくるのですが、腸内細菌と便秘の関係性はどうなのかについて、お話していきましょう。

善玉菌の力

善玉菌と言うと、テレビ等の健康特番でも聞いたことがあると思いますが、ビフィズス菌等がそれに当たります。

ビフィズス菌配合のヨーグルトを食べることで、腸内はビフィズス菌が増えて、体の酸化を促進させる悪玉菌をやっつけて、善玉菌が増えます。

善玉菌が増えると、腸内環境は良くなり、腸の蠕動運動が活発化することで、体の中の老廃物が外に押しやられ、お腹がすっきり、便秘解消に繋がります。

元々、腸内にある善玉菌ですが、ストレスやその他の生活習慣の乱れによって減少しやすく、悪玉菌が増えることは、様々な病気を引き起こす原因となってしまいます。

積極的に善玉菌を摂り入れて、便秘解消を促進させていくのです。

酢酸や乳酸菌を生成

ビフィズス菌自身にも、腸の蠕動運動を助ける働きがあるのですが、ビフィズス菌は、大腸にて、糖質を使って、増殖することにより、酢酸や乳酸を生成するのです。

この酢酸や乳酸こそが、大腸を刺激することで、蠕動運動を促し、自然な流れでのお通じを促進してくれるのです。

毎日乳酸菌を摂取したりビフィズス菌入りのヨーグルトを食べることで、腸内は、ビフィズス菌等の善玉菌が増えて、蠕動運動は活発化し、毎日便秘で悩むことも無くなります。

消化吸収を助ける

ビフィズス菌と言った腸内細菌が善玉菌になると、悪玉菌をやっつけてくれるので、がん細胞の増殖が減り、がん予防に繋がります。

又、アミノ酸や脂肪も分解してくれると言う所から言っても、消化吸収を助けてくれるので、腸の負担を軽減させてくれます。

食べ物が思うように吸収されない場合、体の中に老廃物として溜まりやすく、外に押しやる力が無いので、それが頑固な便秘を引き起こしてしまうのです。

ビフィズス菌は、しっかりと吸収し、そして要らない老廃物を排出させるパワーがあるので、積極的に摂り入れるべきなのです。

腸内細菌と便秘の関係は切っても切れない間柄であり、便秘解消には、腸内に善玉菌を増やすことが、最も自然で副作用のない便秘解消法と言えるのです。

腸内環境をよくして蠕動運動を促進

便秘の原因は、様々なのですが、結果的に、腸内環境が悪くなっていることが、原因とされます。その為、腸内環境を改善することが良いのですが、具体的にはどういった方法が良いのでしょうか?

一番簡単なのは善玉菌を増やすこと

先ほども書いたように腸内環境を良くするのに一番簡単なのは善玉菌を増やすことです。

腸内には、数多くの善玉菌と悪玉菌が存在し、善玉菌が悪玉菌をやっつけることにより、腸内環境は良くなり、正常な腸の働きをします。

腸が正常に働くと言うことは、善玉菌が多く増殖されていると言うことなので、ビフィズス菌等をヨーグルトから摂取することで、効率的に善玉菌を増やすことが出来ます。

日々の生活の中に、是非、善玉菌を増やす食生活を目指しましょう。

オリゴ糖も大切な力

善玉菌であるビフィズス菌等を増やすことは、腸内環境を増やす上でとても大事なことですが、このビフィズス菌を増殖させるには、単にビフィズス菌入りのヨーグルトを食べればいいと言うわけではありません。

ビフィズス菌の餌になるオリゴ糖の摂取も大事になってきます。せっかく摂り入れたビフィズス菌も、必ずしも腸内に届くと言うわけではなく、腸に行く前に死滅してしまうことも多いからです。

その為、オリゴ糖との摂取によって、元気なビフィズス菌が多くなり、腸までしっかりと行き届くようになるので、腸内環境はより良くなってくるのです。

肉食中心を止める

善玉菌の餌になるのは、オリゴ糖と言う話をしましたが、逆に悪玉菌の餌になるのは何か、それは肉等のタンパク質・脂質です。

悪玉菌は、タンパク質やアミノ酸を分解させ、悪臭のある有害物質を排出します。

これらは、外に出されることなく、体内で全身に送られるので、体の至る所に錆びが出来やすく、動脈硬化や高血圧の原因になってしまうのです。

肉中心の食事は控えることが、腸内環境を整える、そして便秘解消に繋がるでしょう。

食物繊維を多く摂る

腸内環境を良くする、便秘を解消する上で欠かせない栄養素と言えば、食物繊維です。

体の中の老廃物を絡めて外に排出させる作用があるので、腸内環境も良くなり、益々お通じがスムーズに出来るようになります。

食物繊維には、腸を刺激する不溶性食物繊維と、水に溶けて有害物質を外に排出させやすくする水溶性食物繊維に分かれるので、二つの食物繊維をバランス良く摂ることで、腸内を綺麗にすることが出来ます。

このように、腸内環境を整える方法は色々あるので、腸内を綺麗にして、便秘解消を目指しましょう。

食事でも改善できる!便秘に効く食べ物ならコレ

女性の多くが、一度は経験していること、それが便秘です。

便秘は一度なってしまうと、なかなか治りづらく、適した改善方法を行わなければ、余計悪化してしまいます。

そこで、毎日の生活の中で効率的に改善へ導ける方法が、食事療法にあります。一体どんな食べ物が、便秘に良いのでしょうか?

便秘解消に良い栄養素

便秘に良いとされているのは、健康番組等でも紹介していて、多くの人が知っている乳酸菌です。乳酸菌は腸内環境を良くしてくれることから、お腹の中の老廃物を外に押しやってくれるので、自然な形での便秘解消が望めます。

又、オリゴ糖も、同様に、腸内環境を良くしてくれます。腸内には善玉菌と悪玉菌があり、善玉菌が悪玉菌をやっつけてくれることによって、腸内環境は良くなるのです。

この善玉菌のエサになるのが、オリゴ糖であり、善玉菌を増殖することによって、腸内環境が改善し、そして、便秘解消にも繋がるのです。

そして、食物繊維です。便秘と言えば食物繊維と言う程、代名詞となっています。

胃腸で吸収されずに外に排出される食物繊維は、体の老廃物を絡めとって、外に排出されるので、当然便秘解消になるわけです。

便秘に良い食べ物とは?

便秘に良い成分については、お話しましたが、では具体的にはどういった食べ物が良いのでしょうか?

乳酸菌と言うと、ヨーグルトであり、毎日こまめにヨーグルトを食べることによって、善玉菌が増えて、腸内環境が良くなります。

オリゴ糖は善玉菌を増やす働きがあるので、ヨーグルトにオリゴ糖を加えることで、美味しく、そして便秘解消をすることが出来ます。

食物繊維と言うと、セロリ等がありますが、バナナにも食物繊維が豊富に入っているので、毎朝、便秘予防の為に、1本食べると良いでしょう。

意外な便秘解消食品

あまり知られていないのですが、納豆にも、便秘解消の効果が期待出来ます。

納豆と言うと、大豆ですが、大豆はイソフラボンと言うイメージが強いのですが、実は食物繊維も豊富に入っているので、毎日食べることで、体の老廃物を外に押しやってくれるのです。

毎日の生活の中に、これらの食品を是非摂り入れて、便秘解消を目指しましょう。

自分でできる便秘の治し方

便秘は、長時間放置してしまうと、悪化してしまい、益々出にくくなるので、何らかの対処が必要になります。

しかし、病院にて、便秘治療をすると言うのは、やはり恥ずかしいものですね。そこで、自分でも出来る便秘対策方法をお話しましょう。

こまめに水を飲む

頑固な便秘は、お腹の中にカチコチになってしまった便が排出しにくくなっている可能性が高いのです。

そこでこまめに水分を摂ることによって、便を柔らかくし、外に出しやすくするのです。

一日2リットルの水を飲むことは、血流を良くすることになるので、こまめに水を飲むことは、お勧めと言えますね。

特に汗っかきの人や、普段からスポーツをすると言う人は、汗をかきやすい環境にあるので、こまめな水分補給は大事な要素と言えます。

腹筋を鍛える

排便に大事なのは、筋肉の力であり、腹筋が緩んでしまうと、便を出す力も無く、どんどんお腹の中に溜まってくるでしょう。

腹筋が緩いと言う人は、日ごろから運動不足の傾向があるので、これを機会に、腹筋を鍛える運動を心がけてみると良いですね。

勿論いきなり過激な運動は、腹筋やその他の筋肉を傷めてしまうので、最初のうちはゆるく、そして徐々に負荷を与えていくと、腹筋が鍛えられて、毎日のお通じも改善してくることでしょう。

食物繊維を多く摂る

食物繊維は、体内で吸収されずに、そのまま外に排出されますが、その際に、体の中に溜まった老廃物と絡み合って外に排出されますので、当然、便秘解消に繋がります。

ご飯等も、玄米を入れることによって、食物繊維が摂れるので、普段の食事をちょっと改善してみることで、お通じは格段と良くなってきます。

しかし、いくら食物繊維が良いと言っても、そればかりを食べていたのでは、良くありません。食事はバランスが大事なので、バランスの取れた食事を心がけるようにしましょう。

体を冷やさない

冷えは万病の元と言うように、当然便秘にとっても良くありません。

特にお腹は冷えやすいので、日ごろから出来るだけ腹巻をするなど、温めてあげることで、お腹の状態が良くなり、お通じも改善していくことでしょう。

冬場、夏場問わずに、湯船に入るように心がけ、体の芯から温めてあげることで、汗が出やすくなりますし、基礎代謝も上がってくるので、胃腸の働きも活発化し、老廃物を外に押しやってくれるのです。

体は冷やさないようにしてくださいね。このように、自分で出来る便秘解消法は色々あるので、自分に合った方法で試してみてください。

ヨーグルト等のビフィズス菌を摂り入れて、腸内環境を良くしましょう。

便秘は、様々な要因が絡み合ってしまっている可能性があるので、一つ一つ紐解いて、解決に結び付けていきましょう。