エステ体験のおすすめは?格安でお試し体験

リバウンドしない痩身エステは?痩身エステ後の体形を維持してリバウンドなしにする方法

「ダイエットが続かない」「スポーツは苦手」という人でもスリムな体型を手に入れることができると人気の痩身エステ。とはいえ、痩身エステに通って理想の体型を手に入れたものの、リバウンドしてしまったという話は時折聞かれますよね。

せっかく頑張って痩せたのに、リバウンドしてしまってはガッカリです。ぜひ痩身エステで手に入れた理想の体型をキープしましょう!

では、リバウンドしにくくする為には何ができるのでしょうか?生活の中で気を付けることができる点をみていきましょう!

MEMO

痩身で一番やってはいけないのがリバウンドです。

 

リバウンドは、痩せた身体が元の状態に戻ってしまうことだと思っている人もいますが、実際には痩せる前より更に太ってしまうことを指します。

 

つまり、痩身したことがかえって肥満の悪化を招いてしまうという、非常に悪い状態。痩せたいと思っている人は、リバウンドだけは絶対に阻止しなければいけない事を頭に入れておきましょう。


痩身エステ後にリバウンドなしにする方法

痩身エステで結果が出たとしても行くのを止めたらリバウンドしてしまうのではないか、と心配される人もいるでしょう。確かに痩身エステは魔法でも何でもないので、効果がずっと長続きするわけではありません。

しかしそれは痩身エステに非があるのではなく、むしろ何も努力をしないことがいけないのです。

考えとしては痩身エステでダイエットをして痩せにくい身体を作り上げたとしても、過剰なカロリーを摂取したり、運動をしない生活を送っていれば当然太ってしまいます。

この点を間違わないように捉えておけば、リバウンドの心配はまず無いと言えるでしょう。

エステティシャンのアドバイスに従ってリバウンド予防

痩身エステで理想のボディを手に入れても、努力をやめてしまえば、そのうちすぐに元の体型に戻ってしまいます。なかには元の体型よりも太ってしまうなど大リバウンドする人もいます。

痩身エステでは、エステサロンでの施術を受けるほかに、エステティシャンによって食生活や生活習慣で気を付けるべき点のアドバイスを受けます。痩身エステ終了後も、エステティシャンのアドバイスを守ることはリバウンドを予防するためには効果的です。

「痩せたから大丈夫」と油断するのではなく、素敵な体型をキープするための努力を続けていきましょう。

自分でできるリバウンドしない方法

食生活に気を付ける!

いくら痩せたからと言って、暴飲暴食をしていると太りやすくなります。リバウンドをしないためには、食生活にも気を付けましょう。

高脂肪・高カロリーの食事を避け、野菜や魚を中心としたバランスのとれた食事を摂るようにします。食べ過ぎに注意し、腹8分目を意識しましょう。

ついつい食べ過ぎてしまうという人は、次の点に気を付けてみてください。

・食事の前にコップ1杯の水を飲む
・食事を食べる時には、まずは野菜から食べる
・一口食べたら、箸をおいてよく噛むようにする
・食事や野菜やキノコ類などローカロリーのものでカサを増やすようにする

これらの点に気を付けることで、自然と食べ過ぎを防止することができるはずです。

また見過ごされがちなのが飲み物に含まれるカロリーです。甘い缶コーヒーや清涼飲料水を飲むのが習慣になっていたり、ついつい毎晩晩酌してしまうという人は、控えるようにしましょう。

1日に必要な摂取カロリー数の目安と計算方法!太りやすい人って?太る体質の理由と原因は?

定期的に運動をする!

食事に気を付けることに加えて定期的に運動することも、リバウンドを予防するためには効果的です。運動をすれば食事などで摂ったカロリーを消費させることができます。

また筋肉量も維持できますから、新陳代謝が低下するということも避けられます。新陳代謝が低下すると、脂肪がつきやすくなってしまいますから、そのような事態を避けるためにも定期的に運動するのはおすすめです。

運動といってもハードな運動はする必要はなく、ジョギングやウォーキング程度で構いません。

今ならドラクエウォークなんかやったら自然と外で歩かなければならないからウォーキングのお供におすすめですよ。歩いた距離で色々アイテムがもらえたりもするので、モチベの維持にも使えます。

毎日は難しくても、週に2~3回程度軽く運動するようにしましょう。また1日の終わりにストレッチをするのを習慣づけるだけでも違いますよ。

カラダを冷やす習慣を避ける

セルライトエステ体験」で書きましたが、冷えとむくみはセルライトの原因となります。痩身エステでセルライトの除去をやったとしても、カラダを冷やす習慣を続けてしまうと、せっかく消えたセルライトがまたついてしまいます。

ですから、リバウンドしないためにはカラダを冷やさないように気を付けるのも大切です。

具体的にはクーラーが効いた部屋ではジャケットやカーディガンを羽織ったり、足元にはブランケットを掛けるなどして冷え対策を行いましょう。また冷たい食べ物や飲み物をとるのは避け、暑い日でも温かい飲み物を飲むようにするのがおすすめです。

リンパマッサージを習慣にする

脚がむくみやすい人は、お風呂上りにリンパマッサージをするなどして、むくみをその都度解消するようにしましょう。

リンパの流れに沿ってやさしくマッサージするのを習慣にすると、むくみが解消され、セルライトがつくのを予防することができます。

リンパマッサージ体験エステが安い!効果的でおすすめな方法とやり方

折角痩せたなら生活習慣を見直してみよう!

皆さんは、規則正しい生活を送っていると自信を持って言えますか?

そもそも規則正しい生活とは、バランスの取れた食事を1日3食食べること、適度な運動をしていること、睡眠時間をきちんと確保していること、この3点を主に重要視しなければいけません。

バランスの取れた食事とは野菜やお肉、魚それにたんぱく質など、栄養が偏っていないかがポイントとなります。また、ドカ食いをせず腹8分目までに抑えること、夜の8時以降は食べないように心がけることも大事です。

よく噛んで満腹感を得るように工夫したり、間食し過ぎないよう1日に何を食べているのかメモ書きしておくレコーディングダイエットと並行して行うことをおススメします。

次に適度な運動についてですが、ジムに通って本格的に動かなければいけないというわけではありません。

例えばエレベーターを使わずに階段で上り下りしたり、1駅先まで歩くようにしたり、運動というよりも日頃の生活に少しだけ動く事を取り入れるだけで十分なのです。

そして最後に睡眠時間ですが、最低でも5時間はきちんと確保するようにしましょう。

特に22時から2時はゴールデンタイムと呼ばれるほどホルモン分泌が活発化となるので、美容には打ってつけの時間帯なのです。また、睡眠不足は太りやすい原因にもなるので疲労回復の意味も込めて睡眠に関しても意識するようにしてください。

痩身エステに対して過剰な期待はNG!?

痩身エステをしたからどんなに食べても大丈夫、少しくらい生活が乱れても体型は変わらない、など過剰な期待をしていませんか?キャビテーションエステやハイフなどを利用すればリバウンドがほとんど起こらなくはなってきていますが、絶対にリバウンドしないというわけではありません。

その辺を間違わないように認識しておかなければ、せっかくの痩身エステも無駄になってしまう恐れがあります。結果が出た体型を維持する為には意識を高く持つようにしましょう。

また、太りやすくなってきたりむくみやすくなってきた、など自分の身体の状態を把握しておくことで再び痩身エステに通うタイミングも分かってくるはずです。

このタイミングを見誤らないことも体型を維持する為には必要なことです。

エステ女子

無理なダイエットをするからリバウンドが起こるわけね。巷に出回ってるダイエット方法って無理なダイエットばかりじゃない。嫌になるわね。

ムリ!という人はリバウンドしない痩身エステがおすすめ

毎回すぐにリバウンドしてしまう・・・食事が何より好き、皮下脂肪がセルライト化してダイエットしてもまったく変わらない、という人は、キャビテーションなどで脂肪細胞自体の数を減らしたり、小さくしたりすれば、リバウンドを避けられます。

キャビテーションでは脂肪細胞そのものが無くなるので、痩せた後に普通に食事をしても、脂肪が溜め込まれる先がありません。脂肪細胞は袋のようになっていて、そこに中性脂肪を溜め込んでどんどん膨れ上がるように出来ています。

キャビテーションによる痩身は、この脂肪の袋を破ったり萎ませて使えなくしたりする働きがあるので、新たに脂肪が入って来ても入れる袋がないのです。

だからと言って暴飲暴食はいけませんし、体内に流れ出た脂肪は早く処理する必要があるので、バランスの良い食事と適度な運動をしたほうがより効果的ですが、リバウンドという現象は避けられる確率が非常に高いです。

どうしてもリバウンドしてしまう、自分ではうまくコントロールが出来ないという悩みを抱えている人は、痩身エステのキャビテーションをうけてみるというのは一つの選択肢ですね。

キャビテーションは1回の効果が凄い!痛いって本当?【口コミ・評判】

リバウンドしない!キャビテーション体験

キャビテーションの施術に対応したエステサロンは以下です。リバウンドなしで話題のキャビテーションエステも体験キャンペーンで格安でうけちゃいましょう。

1たかの友梨ビューティクリニック・TAKANO式キャビボディコース⇒3,000円
2スリムビューティハウス・骨盤キャビテーション⇒3,000円
3エヴァーグレース・全身360度脂肪撃退コース⇒3,980円
4ヴィトゥレ・即やせ実感!キャビテーション⇒3,000円
5シーズ・ラボ・即効痩せキャビテーションコース⇒5,400円
6Bloom(ブルーム)・キャビテーションプラチナム2箇所体験⇒5,000円
7AILE(エール)・キャビテーション体験コース⇒3,000円
8ル・ソニア・美脚キャビテーション⇒5,000円

はしごOKのキャビテーションエステ体験のまとめです。以下もチェック!

キャビテーションエステ体験をはしご!安いおすすめキャンペーンは?【お試しランキング】

リバウンドしてしまう原因はそもそもなに?

このリバウンドが起こる原因をよく理解しておけば、リバウンドのないダイエットもできるので、これからダイエットを始めようという方は特にシッカリと理解してくださいね。

人の体質改善には我慢が必要

ダイエットは痩せれば、目的としては達成したと言えるでしょう。しかし、そのあとにリバウンドという大事態が構えているなら、痩せれれば終わりということにはなりません。

よって、本当にダイエットが成功したと言えるのは、このリバウンドという問題を乗り越えた時なのです。なんでリバウンドが起こるのか、その答えは結論から言ってしまえば体質改善に3ヶ月という期間が必要となってくるからです。

人の体質は簡単に変わるものではありません。

考えても見てください。全くアルコールを受け付けない下戸の人に、アルコール好きの人と同じ酒量を飲めといっても無理な話です。

しかし、少しずつではありますが、日々アルコールを飲んでいればだんだんと飲める酒量は増えていき、全くアルコールを受け付けなかった下戸の人がアルコール好きと言われるようになることも可能です。

これが体質の変化です。

つまり時間をかければ、アルコールを受け付けない体からアルコール好きの体へと体質改善できるわけです。ダイエットもこれと同じです。ダイエットを志す方は往々にして食事制限が課され、以前よりも少ない食事量での生活を強いられます。

これって本当に辛いですよね。

この食事制限に耐えれず、ダイエットを断念する人も少なくありません。なんで食事制限はそんなんにも辛いのでしょう?

それは今まで食べていた量を摂取しなければ満足できない体質が影響しているからです。この体質は簡単には変わりません。ダイエットでこの体質に逆らって成功を得ても、3ヶ月を経過しなければ体質はそのままです。

よって、ダイエットを成功した後、食事量を気にしなくなればアッという間に下の食事量に戻ってしまいます。

しかも、食事量を減らされていた体は、せっせっと体脂肪を溜め込もうとするので、通常よりも太りやすい状態になってしまいます。この2つが原因となってリバウンドが引き起こされるのです。

食事制限などでリバウンドしない方法は?

それではリバウンドする原因がわかったところで、リバウンドを避ける方法について説明します。

その方法は下記のどちらかです。

・ダイエットが終わっても3ヶ月間は食事量を変えない
・長期にわたるダイエット計画を立てる

リバウンドする原因が3ヶ月経たないと体質改善されないことにあるのが分かっているのですから、その期間、同じ量の食事量を維持すればリバウンドが起こることはありません。

3ヶ月後に体質が変わった状態なら、食事量が少ないと感じることもないでしょう。

しかし、この方法はあまりおススメできません。

1、2ヶ月で完了するようなダイエットは無理な食事制限をしているケースが多く、健康面でも不調をきたすことが考えられますし、美容面でも様々なトラブルを発生する可能性が高いのです。

よって3ヶ月以上かけてゆっくりと体重を減らすダイエットをおススメします。これならば無理な食事制限もありませんし、健康面でも美容面でもトラブルはないでしょう。

大幅な体重の減少は望めませんがリバウンドの心配もないのですから、総合的に考えれば一番おすすめの方法と言えます。

リバウンドなしで痩せた体型を維持するポイント

ダイエットにつきものなのがリバウンド。実はダイエットを行った方の約60%もがこのリバウンドに悩まされているのです。

リバウンドとはダイエット成功後に、体重が元、もしくはそれ以上に増加してしまうことを指します。ダイエット方法には様々なものがありますが、どれも決して楽して成功できるものではありません。

よって、苦労して落とした体重がすぐに元に戻るなんて、考えただけでもゾッとしますよね。

中にはリバウンドを何度も繰り返し、その度、またダイエットに挑戦する方もいるようですが、ダイエットとリバウンドを何度も繰り返すと、身体は痩せにくく、太りやすい体質になってしまうので、リバウンドの繰り返しだけは絶対に避けなければなりません。

リバウンドが起こるのは急激に体重を落とすダイエットの場合のみです。1、2ヶ月ではなく、長期間で徐々に体重を落とすダイエットの場合にはリバウンドはなく、ダイエット後も楽に痩せた体を維持することが可能です。

よって、リバウンドのない痩せた体を維持したいなら、ゆっくりと体重を落とす長期間ダイエットがおすすめです。しかし、そうも言ってられないこともあるでしょう。

とにかく短期間で体重を落とさなければならないこともあるはずです。そこで今回は短期間ダイエットでリバウンドせず、痩せた身体を維持する方法について解説していきましょう。

①減量は体重の5%を超えないように注意!

どんな辛い思いをしてもいいから、短期間でダイエットに成功したい!そう考えている方は少なくないでしょう。しかし、この短期間ダイエットこそがリバウンドを招く最大の原因となるのです。

ダイエット方法の中には「1ヶ月で3kg減!」とか「1ヶ月で5kg減!」といった短期集中ダイエットを謳っているものもありますが、こういうダイエットは食事を抜いたりする無理なダイエット方法なので高い確率でリバウンドに見舞われることになります。

人間に身体には生命維持に重要な機能を一定に保とうとするホメオスタシスという働きがあります。よって、急激に体重が落ちると身体は飢餓状態に陥ったと勘違いして、このホメオスタシスが働きます。

ホメオスタシスは身体に下記のような働きを促します。

・極力多くの栄養を体脂肪として蓄えようとする
・消費エネルギー量を節約する

身体を太りやすく痩せにくい体質へと変化させてしまうのです。

よって短期間でダイエットに成功しても、ホメオスタシスが働いている状態ですから、少し食事量を戻しただけで体重は増加してしまいますし、元の量に戻そうものなら以前よりも体重が増えてしまうことにもなりかねません

このホメオスタシスが働くのは1ヶ月で体重の5%が減少した場合で、体重別にみると下記のようになります。

・40kgの人⇒2.0kg

・50kgの人⇒2.5kg
・60kgの人⇒3.0kg
・70kgの人⇒3.5kg
・80kgの人⇒4.0kg

例を挙げると50kgの人は1ヶ月に2.5kg以上痩せるのは急激すぎてホメオスタシスが発動してしまうという事です。なので1ヶ月に1kgずつ痩せて3ヶ月で3kgちょっと痩せるとか、もう少しゆっくりのペースでダイエットをする必要があるという事。

リバウンドを避けるためには、減量の幅は体重の5%を超えないように注意することが重要なポイントとなってくるのです。

②空腹感は必ず治まる!

ダイエットの食事制限で一番苦労するのが空腹感。今まで満腹感を感じるまで食事を摂っていた方には、本当に辛い思いとなるでしょう。

満腹感はレプチンというホルモン分泌によって感じます。食事で摂取した脂肪が体内に吸収されるとレプチンが分泌され、満腹中枢を刺激することで満腹感を得られるのです。

ダイエット中にはどうしても摂取する食事量が少なくなるので、レプチンの分泌される量が少なくなり、どうしても満腹感を感じられません。

しかし、ダイエット中に分泌されるレプチンの量が時間の経過とともに、身体が正常な分泌量だと判断して満腹感を得られるようになります。

それにかかる期間が1ヶ月です。

よって、ダイエットに成功した後、安心して満腹感を得られるような食事を取っているとアッという間にリバウンドを起こしてしまいます。

特にホメオスタシスが働いている状態ならば尚更です。そうならないためにも、ダイエットに成功したとしても食事量は絶対に1ヶ月間は維持するよう心がけましょう。

リバウンドしないために注意する事

急なダイエットはリバウンドになる

痩身には、体重を減らす減量と、体重はさほど変わらないけれど部位によってサイズダウンをするスリミングとがあります。

リバウンドしやすいのは無理な減量でいきなり体重を減らした時で、身体が危機的状況だと判断すると、エネルギーを使わない省エネモードに入り、しかもエネルギーを余すところなく吸収する太りやすい体質に変わってしまいます。

これは生命を維持するために必要な行動なのですが、これでは痩身の意味がありません。身体がこのフォーメーションに入らないようにするためには、1ヶ月に体重を5%以上減らさないことです。

体重50kgの人なら、1ヶ月に減らして良い体重は2.5kg以内です。

食事をすぐに戻さない

リバウンドをする人の最大の悪いクセが、ダイエットをして少し痩せると、すぐやめて食事の量を戻すことです。

体重が減った状況から最低でも1ヶ月間は、少なくした食事量を元に戻さないことが絶対条件。前述の通り人間の身体は、食事が減るとエネルギーの吸収率が上がるように出来ていますので、そこでたくさん食べてしまうと、そっくりそのままエネルギーを吸収してしまいます。

エネルギー吸収モードが治まるまでに最低でも1ヶ月はかかると言われていますので、体重が減っても食事は戻さないこと。

どちらかと言うと、本当に痩せやすい体質が固定化するまでは、一生食事に気をつけ続けるくらいの覚悟が必要です。