エステ体験のおすすめは?格安でお試し体験

脂肪溶解注射(BNLS neo)が安い美容クリニック!顔痩せ注射(小顔注射)のおすすめは?

エステサロンでは出来ませんが、美容クリニックで脂肪溶解注射が受けられることをご存知でしょうか。まさか注射1本で顔痩せや部分痩せしてしまうなんてどういうものでしょう?興味がありますよね。

脂肪溶解注射は、細くしたい部分に薬剤を注射することで、脂肪を溜め込みやすい部位を確実に細くするというクリニックでの施術です。特に顔や二の腕やセルライトなど、すぐにでもなんとかしたいと望んでいる人におすすめ。

どんなものなのか、受けたい時にはどうすればいいか、効果や副作用など、気になる内容をまとめてみましょう。


脂肪溶解注射を使った顔痩せが人気

フェイスラインで気になる部分に注射し、小顔を造るというのが美容クリニックの顔痩せ注射です。

もちろん注射されるのは医薬品ですが、植物から抽出した成分が主体となっているので安全で、BNLSとも言われますが、要は脂肪溶解注射の事です。

ただ、最新の顔痩せ注射は、リンパの流れを良くすること、余分な脂肪が早く分解されるように促進すること、たるんだ肌を引き締めることなど複合的な作用があります。

基本的には小顔エステと同じようなことですが、それを医薬品で行うのが顔痩せ注射だということですね。

脂肪溶解注射の小顔・顔痩せ効果

リンパの循環作用を助け、脂肪を分解させ、肌を引き締めるという3つの効果を相乗させて、全体的に顔を引き締めるというのが顔痩せ注射の効果です。上記のビフォーアフター画像を見ても分かりますが、輪郭が別人のようにシャープになっています。

注射なのだからかなり即効性があるのではと思いますが、確かに1日から3日で効果が発揮されることが多く即効性はかなり高いです。

個人差がありますが、最新のBNLS以前の従来の脂肪溶解注射などでは効果が出るまで半月から一ヶ月くらいかかっていたので、かなり早くなったという感じですね。

医療行為なので美容クリニックでしか受けられませんが、手術するわけではないのでダウンタイムはありません。やはり顔にメスを入れるのは怖すぎますよね。

その点、脂肪溶解注射なら注射だけなので施術時間が短いのも嬉しい所。数十分で施術も終わるので手軽に小顔になれてしまう最新の美容方法になっています。整形大国の韓国でもテレビで紹介されて話題になるのも当然ですね。

顔だけではなくて二の腕や脚やせでもOKで脂肪がある所ならどこにでも効果が高いのが特徴です。

BNLS neo注射は鼻に使いたいという人もかなり多くいて、だんご鼻に悩んでいる人や鼻の形をもっとスッキリ改善させたいという方にもオススメです。

脂肪溶解注射ならBNLSが最先端

脂肪溶解注射が最近また人気になったのは、従来の脂肪溶解注射のように部位が腫れ上がったりせず、熱も出ないのでほとんどダウンタイムがなくなった最新のBNLS注射が出てきたのが大きな理由です。

◎BNLS neo

BNLSの進化版でアメリカのFDAも脂肪溶解効果を認めている「デオキシコール酸」をさらにプラスしたもので、従来のBNLSより脂肪が減る効果が高くなりました。

 

〇BNLS

植物から抽出した成分を使った脂肪溶解注射。従来の脂肪溶解注射と比べて腫れやダウンタイムもなくなった。

 

△従来の脂肪溶解注射

フォスファチジルコリンが主成分の注射で施術後に腫れてしまうのがデメリットでした。また効果が出るまでに1ヶ月ほどもかかってしまっていました。

上記のようにバージョンアップしたBNLS neoが全てにおいて上位互換になっています。

BNLS注射ならすぐにメイク出来るほどで、誰にもバレずに顔痩せすることが出来ます。また、1週間おくだけでまた次の治療が出来るので、総体的に顔痩せが実現するまでの期間が短くなります。

1回でも効果はありますが、多くの美容クリニックではトータル3回行うのが勧められています。

脂肪溶解注射は基本的に脂肪がある所ならどこでも使用可能で、従来は鼻への注射が難しかったのですが、BNLS注射ならそれも可能。だんご鼻で悩んでいる人であっても鼻がシャープになるなら、顔痩せと言うよりすでに整形の域ですね。

また、効果は永久的に続くので食生活が悪くてブクブク10kg太った・・・とかがなければ基本的にリバウンドもないです。

脂肪溶解注射に副作用はないの?

今までの脂肪溶解注射だと腫れが数日間続いたりしていましたが、こちらもBNLS注射なら解決。メスを使わない施術だから、体に傷も残らずダウンタイムもなくすぐにメイクも可能です。

脂肪溶解注射の中でもBNLS注射は、副作用はゼロではないものの、かなり安全な痩身法だと言われています。ただ内出血や腫れ、チクチクした痛みが数日から1週間くらいは起こる場合があります。

例えあざができたとしても1週間以内に自然に消えるので問題ありません。

脂肪溶解注射最高じゃん!でも注射怖い・・・

脂肪溶解注射はダウンタイムもなくて副作用ほぼなくて、即効性が抜群と最高な痩身術ですが、気になるのは注射が痛いかどうかだと思います(笑)。

痛みが苦手な人は嫌だとは思いますが、普通の点滴の時と同じように一瞬チクッとするくらいで大したことありません。施術する場所によって怖い方は笑気麻酔やクリーム麻酔などを追加する事ができるので特に気にする必要はありません。

特に脂肪溶解注射がおすすめな人

脂肪溶解注射をやった方が良いという人は、まず小顔になりたい人です。毎日美顔器でコロコロしている人もいると思いますが、顔痩せって自力ではほぼ難しいですよね。

脂肪溶解注射ならすぐに目に見える小顔効果が出てそのまま顔が小さくなったままなので、圧倒的におすすめです。

他には例えば二の腕とか太もものセルライトとか、とにかく通常細くするのが難しい部位をなんとかしたい人には最高の施術です。

脂肪溶解注射が安い美容クリニック比較

BNLS neo注射ができる美容クリニックの料金を比較しました。

クリニック料金
新宿美容外科クリニック初回1本⇒2,900円~
※BNLS neo注射
湘南美容外科クリニック1本⇒3,030~3,660円
※BNLS neo注射
KM新宿クリニックトライアル1本⇒3,500円
通常1本⇒9,500円
※BNLS注射
もとび美容外科クリニック1本⇒3,980~6,980円
※BNLS neo注射
東京美容外科初回1本⇒8,000円
通常1本⇒12,000円
※BNLS neo注射
水の森美容外科1本⇒8,900円
※BNLS neo注射
表参道スキンクリニック初回1本⇒9,800円
通常1本⇒19,800円
※BNLS neo注射
城本クリニック顔用1本⇒9,800円
体用1本⇒7,500円
※BNLS neo注射
共立美容外科1本⇒15,000円
※BNLS neo注射
オザキクリニック10本⇒65,000円
※BNLS neo注射

BNLS neo注射の料金は1本(1cc)あたりで3000円~15,000円と美容クリニックによってかなり差があります。全国にクリニックを展開していて症例も多く料金も安い湘南美容外科クリニックがやはりおすすめ。

注射針もマイクロカニューレという先端が丸くなっていてより痛みが少ないものが使用できるのも良いですね。

脂肪溶解注射はセルライト対策にも人気

太ももは、もともと筋肉も皮下脂肪も量がとても多く、いかにダイエットしても細くはなりにくい部位です。お腹はヘコんでいるのに太ももだけが太くて、自分に合うスキニーパンツが見つからないという日本人はとても多いですね。

これを何が何でも細くするという場合には、大昔は美容外科でメスを入れる手術を受けるしかありませんでした。

でもさすがに太ももにメスを入れるのは怖すぎるし、費用も非常にかかるということで一般的にはあまり行われてはいませんでしたが、近年、脂肪溶解注射が開発されたことで、美容外科で太ももを細くする施術を受けるハードルが少し下がったとも言われています。

脂肪溶解注射で注入するのは、セルライトを溶かす効果が期待される薬剤です。

筋肉をあまり使わない人や加齢によって血液循環が悪くなると、セルライトはどんどん肥大化して行くのでどんどん脂肪も燃焼しにくくなります。

老廃物と脂肪とがガチガチに固まった状態では、いかにダイエットをしても効果は現れません。脂肪溶解注射は、そうしたセルライトや脂肪を溶かし、改善した血流に乗せて脂肪を体外へ排出させる施術になります。

どれくらいで効果があるのか

脂肪溶解注射で太ももを細くする治療は、個人差がかなりありますが、複数回でサイズダウンは期待できると言われています。

効果があることは確かですが、注射した部位に効果が出るわけですから範囲には限りがあり、広い面積を一度に施術することは出来ません。

脂肪の量や付き方などが違うので一概に言えませんが、1~2週間に1回のペースで3~6回の施術が必要になります。多くのクリニックでは3回推奨。

経験不足のクリニックではなく実績のあるしっかりとしたクリニックを選ぶようにしたいですね。また、受ける前には隅々まで医師に質問をしておくことも大事です。